自動車ローンの期間は3年~5年

自動車のローン期間で多いのは3年あるいは5年です。返済期間が少ないほど金利負担が軽くなるので、支払総額は少なくなりますが、月々の支払額を多くなるので負担感は大きくなります。月々無理なく返済できるように、3年ないし5年の設定をしていく必要があります。また、ローンを支払っている間は、自動車の所有者がディーラーだったり、金融機関だったりするので注意が必要です。たとえば、勝手に売ったりすることができません。事故を起こしてしまった場合も事故車の処分に困ることになります。お金を借りてクルマを購入するということは、借りたお金を返済し終わるまでクルマを自由にできないということです。

自動車の購入のローン

自動車を購入する時は頭金をある程度用意しますが、ローンをかけて購入します。中古車でもタイヤなナビ代を合わせると80万円近くになりますし、新車ですと200万円くらいかかります。ローンをかけるときに気を付けるべきは金利を出来るだけ少なく抑えることです。自動車本体の値段が高い分、分割の年数を広げすぎると利子が高くなってしまうことがあるので、分割払いは何年で返済を終えるかは絶対考えるべきです。また、走行距離といったその車をどの位使うかでいろいろと変わってきます。維持費にかけるお金も抑えるべきですし、必要なものは最初にそろえたいです。

自動車ローンの情報

↑PAGE TOP