自動車ローンは低金利の銀行から

自動車の購入資金が現金で用意できない場合は、ローンを組むと便利です。3年あるいは5年に分けて月々の返済額を均等に分けて支払っていきます。ボーナス併用にすると、月々の返済額も軽くなるので多くの人がボーナス併用を利用しています。自動車ローンは、ディーラーなどの販売店が用意しているものと、銀行などの金融機関が用意しているものなどがありますが、大切なのは少しでも金利が低いところから借りるということです。1%違うだけでも返済額はかなり違ってきますので、どこでも良いと考えないできちんと比較するようにしましょう。

自動車ローンが社会を変える

自動車が日本で利用されるようになったころ、まだ富裕層のみが利用する移動手段であったのですが、日本が戦後の復興の中でテレビ、洗濯機、冷蔵庫が三種の神器としてサラリーマン家庭でも、持てるようになり、高度経済成長とともにさらに大きな、マイホームやマイカー(自動車)を持てる時代が訪れました。それには、ローンやクレジットの成長が著しく、所得倍増計画とともに日本人の収入が増え、将来への期待が高まったのです。ローン返済は中長期で完了し、収入や将来性を評価して、金融機関や信販会社が 立て替え、販売店が割賦販売をするのです。

自動車ローンの情報

↑PAGE TOP